ホーム » 「返済シュミレーション」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 返済シュミレーション

金利?無利息期間?返済シュミレーションの活用

お金の借入をする際に一番大切なのはいかに利息を抑えるかです。

そして、利息を少なくする方法は2つあります。

金利の低い借入先を選ぶか、無利息期間のある借入先を選ぶかです。

両方を兼ね揃えた借入先があれば良いのですが、そうそう都合良くはいきません。

では、そのどちらを選べば得なのか?

これは借入する方の返済予定によって変わってきます。

金利を何より重視すべきなのは借入回数が1回の予定ではなく、これからもピンチの時はあまり無理をせずに度々お世話になろうとお考えの方。

または返済を焦らずにコツコツと返していこうとお考えの方です。

無利息期間を重視すべきの方は今回のみの借入予定で、返済もなるべく短期で済まそうとお考えの方です。

その理由となるのが無利息期間の特徴です。

多くの場合で無利息期間は初回限定となっています。

2回目以降は適用されなくなってしまうので、借入れ回数が増える毎にトータルでのメリットは減っていきます。

また期間についても30日間のが多いのですが、この場合も2月目からは通常の金利になってしまうので、返済期間が長くなればなるほどメリットが少なくなっていきます。

ですので短期の返済するつもりで、何度も借入れ予定で無い方なら無利息期間アリを、そうでないなら低金利の借入先をオススメすることになります。

では、具体的な数字で説明してみます。

10万円の借入れを30日間の無利息期間ありで金利18%で30日間借入れた場合と同じ額同じ期間で無利息期間なし金利14%で計算した場合、前者は利息はゼロ。後者は1,150円となります。

次に同じ条件でコツコツとリボ払いを利用して1万円ずつ返した場合を計算してみます。

前者は11ヶ月かかってトータルの利息は7300円ほど、後者も11ヶ月かかってトータルの利息は7000円ほどです。

必要は利息は返済期間が伸びるほど低金利の方が少なくて済みます。

毎月の返済額をもっと少なくすればさらに金利有利に、多くすれば無利息期間側にメリットが大きくなります。

この計算をするのは大変そうに思えますが、カードローン会社のホームページで返済シュミレーションが可能になっていますのでそれらを参考に比べてみることが出来ます。

まずはどの様に返済するかを考えてみる。

それがお得なカードローンの利用につながります。