ホーム » 「アルバイト」タグがついた投稿

タグアーカイブ: アルバイト

アルバイトのキャッシングについて

キャッシングは一定の収入がないとできないようなイメージがあります。でもアルバイトでもキャッシングをすることは可能です。キャッシングをすることができるかどうかは、金融機関による審査で決まります。審査の基準は、金融機関によって異なるため、自分がキャッシングをすることができるかどうかは金融機関に判断をしてもらいましょう。

アルバイトのキャッシングの傾向としては、利用限度額が小さいのが特徴です。カード会社によりますが、およそ50,000円から100,000円が相場の金額となります。これ以上の金額を希望すると不可能なことが多いです。また、これまでに利用したカードの不払い記録等があるとキャッシングを拒否されてしまうようなケースもあります。

アルバイトだからキャッシング審査に落とされる?その原因とは

一般的に正社員ではなくアルバイトだとキャッシング審査が不利になるとされています。なのでアルバイトしている方の中には最初からキャッシングできないと考える方が多いのですが、実際にはアルバイトだからと言ってキャッシング審査が不利になることはありません。

そもそもキャッシングと言う物は成人していて安定した収入を得ている方なら誰でも利用できるようになっています。なので、正社員であろがパート主婦であろうがアルバイトであろうが原則としてキャッシングは可能になります。

ただ、ここで問題になるのが安定した収入が継続できるのかどうかになります。通常キャッシング審査に落とされるケースと言うのは大きく分けて二つになります。一つは総量規制に引っかかっている場合で、もう一つは本人の返済能力に問題ありと判断された場合になります。

そしてアルバイトの場合は本人の返済能力に問題があると見なされるケースがあり、特にバイト先を転々と変えている時にはほぼ審査は通過できなくなっています。なので同じ職場で長期間アルバイトしている方は返済能力に問題はないと判断される事が多くなり、キャッシング審査も通過できる可能性は普通の会社員と同じ様に高くなると言えます。

アルバイトでキャッシングする場合はどうなるの?

銀行や消費者金融でのキャッシングは、安定した収入がある事が必須条件のひとつとなりますが、正社員ではなくアルバイトの場合はどうなるのでしょうか。

多くの場合、正社員ではなくアルバイトでも収入がある事には変わりありませんので、基本的に銀行系でも金融系でもキャッシングが可能と宣伝しています。

ただし、アルバイトをしている事がキャッシング審査に通る保証にはなりませんから、その点は勘違いしないようにしましょう。

アルバイトで得る収入や勤続年数などによって審査の判断は異なりますし、キャッシング可能な融資金額にも影響が出ます。

審査にはアルバイトで得る収入がなるべく多く、またひとつの勤務先で長く働いている方が有利に働く事を覚えておくと良いでしょう。

大抵の場合、他に審査に落とされるようなポイントがなければ、アルバイトだからという理由で審査に落とされる事はあまりないと言ってもいいかもしれません。

ただし、やはり収入によっては正社員よりも融資可能な限度額が低くなってしまいます。

特に、消費者金融系のキャッシングでは重量規制という法律があります。

これは、年収の3分の1を超えての借入れは出来ないことになっていますから、思ったような金額を借りることが出来ない場合もあります。

そうした事に注意すれば、アルバイトであってもキャッシングは何も怖くはありません。