最近のコメント

    即日キャッシングのお陰てす

    浪費癖がある上に見栄っ張りな性格が災いし40歳を越えた年齢にも関わらず貯金がありません。急にまとまったお金が必要な時には2つ上の姉に無心をしていましたが結婚をしたことで気軽に無心するような真似が出来なくなってしまったのでした。

    そうは言っても彼女への誕生日プレゼント位は奮発したいものです。しかし給料は食費を除き全て使ってしまったため現金はありません。元々は現金主義のためクレジットカードも持っていなかったのです。

    誕生日までは日数もなく早くお金を用意しなければなりません。消費者金融は経験がなく勇気が要りましたがたまたま自宅近くに無人の契約機があったため試しに申し込みをしました。

    無人とは言えインターフォン越しに女性のスタッフが対応してくれたお陰で即日まとまった現金を手に入れることができました。始めは半信半疑でしたが審査もあっという間に終わったのです。お陰てお目当てのバッグを買うことができ大変満足をしています。

    使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

    お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。

    消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

    それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。

    たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。

    それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。

    借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

    カードローンには大別して2種類に分類できます

    最近猫も杓子もカードローンでお金を借りる時代となっています。一言でカードローンと言っても消費者金融や信販会社、銀行などのカードローンがあります。どれも似たようなものですが、適用される法律によって分類されるのです。

    まず貸金業法で規定されるのが消費者金融と信販会社のカードローンです。さらに付け加えるとクレジットカードのキャッシング枠もこれに分類されます。その特徴は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りられないことです。なお複数社から借り入れている場合は、借り入れ総額が年収の3分の1に収まる必要があります。また金利も上限横並びで、年18%が一般的です。

    一方銀行カードローンは銀行法が適用され、総量規制の対象外となります。金利が消費者金融などよりも低いのが特徴で、より審査の厳しいプレミアムカードローンならより低金利です。なお原則専業主婦が借り入れるのは、銀行カードローンのみです。

    返済額があまりよくわからないし、計算できないという方に

    返済計画を立てたくても、計算ができないからなかなか難しいなと思ってしまう方もいると思います。

    そういった方にお勧めなのが、キャッシングの返済早見表や計算してくれる項目があるサイトです。

    こういったサイトはあらかじめいくら借りていくら利率があるのかということを計算してあったり、項目を入力することによって計算が簡単にできるようになっています。

    これらを利用することによって、素人の人であっても者そぐ億お金が返済できる期間や返済すべき額というのがわかるようになっていますから、キャッシングをする前であっても事前に余裕をもって計算ができるようになるわけです。

    返済前には、こういった計算のできるサイトを積極的に利用しましょう。

    主婦のキャッシングの注意点

    キャッシングは誰でも利用している便利なものですが、家計の足しにしたい、夫に内緒で、借り入れしたいという主婦の人も多いと思います。
    場合によっては一刻を争う事態などがあると思うので、主婦でも、借りれるという人気のキャッシングを利用すると良いです。

    パートなどお仕事をされている主婦であれば、比較的キャッシングしやすいです。審査さえ通れば問題なく使用できます。
    専業主婦の方が借入するのはなかなか難しい事がありますが決してキャッシングが出来ない訳ではないので、キャッシングの理解が必要になります。
    専業主婦の方がキャッシングをする場合は銀行カードローンであればキャッシング可能です。
    主婦によって条件などが異なるので、自身の状況を改めると良いです。

    即日融資したい方必見のキャッシングを紹介します

    突然、どうしても必要となったお金、一時的に使う用途がある場合、即日、お金を借り入れすることができます。

    テレビやCMでお馴染みのキャッシングも多いかと思います。

    融資を希望する際、来店する必要もありませんし、自宅、職場の近くにある銀行、もしくはコンビニエンスストアでも利用が可能です。

    土日、祝日であっても借り入れることができ、非常に便利です。

    50万円を超える融資の場合、収入証明書が必要となり、20歳以上69歳以下で安定した収入がある方なら、利用することができます。

    Webでの契約の場合でしたら、最短1時間で融資が可能となる場合もあります。

    その際、申し込み、返済する時も24時間可能となります。気軽に借り入れることができますが、返済プランを考えたうえで利用する必要があります。

    アルバイトのキャッシングについて

    キャッシングは一定の収入がないとできないようなイメージがあります。でもアルバイトでもキャッシングをすることは可能です。キャッシングをすることができるかどうかは、金融機関による審査で決まります。審査の基準は、金融機関によって異なるため、自分がキャッシングをすることができるかどうかは金融機関に判断をしてもらいましょう。

    アルバイトのキャッシングの傾向としては、利用限度額が小さいのが特徴です。カード会社によりますが、およそ50,000円から100,000円が相場の金額となります。これ以上の金額を希望すると不可能なことが多いです。また、これまでに利用したカードの不払い記録等があるとキャッシングを拒否されてしまうようなケースもあります。

    キャッシングの審査は簡単通過できる?

    キャッシング通過は、難しいと思っている人は少なくありませんが、実はそれほど難しいものではありません。難しいという人は、これまでにもキャッシングをしたことがあり滞納して返済歴に傷がついたことがある人がいうこと。それ以外の初めてのキャッシングの場合はそれほど難しくはないのです。

    それでもアルバイトや主婦の人は、仕事がある人に比べて少しは難しさがあるかもしれません。それは収入がないから。アルバイトの人は収入があるけれど不安定ですよね。また主婦の人は自分では収入がないけれど、夫の定職の収入を記入すると何の問題もないのですね。キャッシング業者もそれぞれ対応していますから、アルバイトの人や主婦の人も問題なく借りることができるのです。

    1万円必要な時どこから借りたらいい?

    どうしても1万円必要なら、ご家族や友人に頭を下げて貸してもらいましょう。

    身近な人に借りたら、利息を取られることが少ないからです。

    しかしこれまでに何度も借りていたら、いい加減な人間だと判断されて断られるかもしれません。

    また誰もがお金の貸し借りできるような親密な人間がいるわけではありません。

    そのような方は、カードローンを契約した方が気が楽です。

    1万円を借りるなら、大手消費者金融がオススメです。

    最大30日間の無利息サービスがあるので、1万円程度なら次の給料で一括返済すれば利息はかかりません。

    2度目以降は1万円を1ヶ月借りた時の利息は、たったの148円です。

    年18%の金利も少額の借り入れなら問題ありません。

    親しい人間に頭を下げてお金を借りるより、機械的な手続きで借りられるカードローンの方が借りやすいです。

    キャッシングの際の申し込みに必要な書類と条件に付いて

    お金が必要になった時には多くの人がキャッシングを利用すると思いますが、キャッシングには申し込みが必ず必要になります。
    キャッシングを受けられる人は、年齢制限として20歳から69歳の本人に安定した収入のある場合です。主婦や学生でもアルバイトなど安定した収入のある人は借りる事が出来る可能性があります。

    キャッシングを申込みする場合は、本人確認書類が必要となりますが、印鑑や保証人は必要ないのが特徴と言えます。本人確認書類は、運転免許証やパスポートがベターです。
    キャッシングの際の借入希望金額は高い場合には、収入証明が必要になる可能性もあるので、事前に必要書類を準備しておく事がスムーズにキャッシングできる方法と言えます。