ホーム » キャッシング

キャッシング」カテゴリーアーカイブ

使い道が限定されない消費者金融のキャッシング

お財布がピンチの時や予定外の出費があるようなときに非常に重宝するサービスとして消費者金融のキャッシングがあります。

消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きをした当日に融資を受けられる点が大きなメリットなのですが、キャッシングにはそれ以外のメリットもあります。

それはキャッシングで借りたお金の使い道を限定されないという点です。

たとえば銀行などから融資を受ける場合、借りたお金の使い道は自動車や不動産の購入といった具合に限定されてしまい、ほかの用途で借りたお金を使うことはできません。

それに対して消費者金融のキャッシングでは借りたお金を消費者がどのような目的で使用しても問題がありません。

借りたお金の使い道を限定されずに自由に使えるのが消費者金融のキャッシングの魅力です。

カードローンには大別して2種類に分類できます

最近猫も杓子もカードローンでお金を借りる時代となっています。一言でカードローンと言っても消費者金融や信販会社、銀行などのカードローンがあります。どれも似たようなものですが、適用される法律によって分類されるのです。

まず貸金業法で規定されるのが消費者金融と信販会社のカードローンです。さらに付け加えるとクレジットカードのキャッシング枠もこれに分類されます。その特徴は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りられないことです。なお複数社から借り入れている場合は、借り入れ総額が年収の3分の1に収まる必要があります。また金利も上限横並びで、年18%が一般的です。

一方銀行カードローンは銀行法が適用され、総量規制の対象外となります。金利が消費者金融などよりも低いのが特徴で、より審査の厳しいプレミアムカードローンならより低金利です。なお原則専業主婦が借り入れるのは、銀行カードローンのみです。

主婦のキャッシングの注意点

キャッシングは誰でも利用している便利なものですが、家計の足しにしたい、夫に内緒で、借り入れしたいという主婦の人も多いと思います。
場合によっては一刻を争う事態などがあると思うので、主婦でも、借りれるという人気のキャッシングを利用すると良いです。

パートなどお仕事をされている主婦であれば、比較的キャッシングしやすいです。審査さえ通れば問題なく使用できます。
専業主婦の方が借入するのはなかなか難しい事がありますが決してキャッシングが出来ない訳ではないので、キャッシングの理解が必要になります。
専業主婦の方がキャッシングをする場合は銀行カードローンであればキャッシング可能です。
主婦によって条件などが異なるので、自身の状況を改めると良いです。

1万円必要な時どこから借りたらいい?

どうしても1万円必要なら、ご家族や友人に頭を下げて貸してもらいましょう。

身近な人に借りたら、利息を取られることが少ないからです。

しかしこれまでに何度も借りていたら、いい加減な人間だと判断されて断られるかもしれません。

また誰もがお金の貸し借りできるような親密な人間がいるわけではありません。

そのような方は、カードローンを契約した方が気が楽です。

1万円を借りるなら、大手消費者金融がオススメです。

最大30日間の無利息サービスがあるので、1万円程度なら次の給料で一括返済すれば利息はかかりません。

2度目以降は1万円を1ヶ月借りた時の利息は、たったの148円です。

年18%の金利も少額の借り入れなら問題ありません。

親しい人間に頭を下げてお金を借りるより、機械的な手続きで借りられるカードローンの方が借りやすいです。

キャッシングの際の申し込みに必要な書類と条件に付いて

お金が必要になった時には多くの人がキャッシングを利用すると思いますが、キャッシングには申し込みが必ず必要になります。
キャッシングを受けられる人は、年齢制限として20歳から69歳の本人に安定した収入のある場合です。主婦や学生でもアルバイトなど安定した収入のある人は借りる事が出来る可能性があります。

キャッシングを申込みする場合は、本人確認書類が必要となりますが、印鑑や保証人は必要ないのが特徴と言えます。本人確認書類は、運転免許証やパスポートがベターです。
キャッシングの際の借入希望金額は高い場合には、収入証明が必要になる可能性もあるので、事前に必要書類を準備しておく事がスムーズにキャッシングできる方法と言えます。

キャッシングの利息って必ずや高いのか

キャッシュに困った一時などに手軽で便利なキャッシングですが、ときどき、心無い人たちの反論を耳にすることがあります。それは簡単に言うと、「キャッシングって利率が良いからお断りよね」などという意味の否定的な謳い文句だ。
確かにキャッシングには利率は付きものです。しかし、それは果たしてはなはだ高いのでしょうか。そもそも大きいか少ないかを形づくるのは、者なのではないでしょうか。自分が納得してキャッシングを用いるのですから、せめて他人からなんだかんだ仰る筋合いはありません。
キャッシングやカード融資に限らず、いかなる商品にもコストパフォーマンスがあります。そのタイプやサービスを利用することによって高い効能が得られるなら、利用する価値はあるということです。キャッシングのコストパフォーマンスとは、「利率の決断気がかりに合うだけの確かな効果があるかどうにか」ということです。者はあれこれ、基本的に効果があると判断するからこそ、キャッシングを用いるわけです。
総括をいうなら、キャッシングの利率は者にとっては決して高いとは言えません。もし心から大きいと感じているなら、利用しないはずです。おっきいと言って騒いでいるのは、者ではなくて、かえって利用しないみなさんなのではないでしょうか。

カード割賦にもバリエーションのあることが分かりました

自身は、アート品物を見ることが好きなのですが日々の忙しさに実にミュージアムへ行けません。書房でビジュアルファンブックなどを見て、本物を見たいなあと思っています。
そんな中で快楽を見つけました。それはターミナルなどで展示されていらっしゃる、ホビーのあちこちの品物に接することです。なんだかの作品ぞろいで見ている方も明るいだ。仕事帰り疲れていても、画図などが展示されていると立ち止まって見ていしまう。そうやって見ていると世間に芸術がたくさんあることが気がつきます。
駅前の路上にタイルでモザイク図版が作られていたり、家屋の中にオブジェが置いてあったり。次そういうものを見ながら、散歩するのも良いなと思っています。かなり良い存在と出会えそうです。

急な出費で困っても、安心なキャッシングで楽しい毎日を

貯金がないのに急な出費があって困った、そんな時あなたはどうしますか?

親兄弟、友達に借りるのも一つの手ですが、遠方に住んでいて借りることができない、みんな金銭的な余裕がなく貸してあげたくても貸せない、そういったシチュエーションに陥ることもあるかと思います。

そんな時、頼りになるのがキャッシングです。

しかし、知人以外にお金を借りるなんてなんだか怖い、もし万が一計画通りに返せなかったらドラマみたいに怖い人が出てくるのか心配、そもそも自分はお金を借りることができないのではないか、そんな思いからキャッシングにはいまいち踏み切れない方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、実際はそんなマイナスイメージではなく、安心して使える便利なサービスなんです。

身分証明証のみの提出で借りることができるので、収入証明証は不要。

来店せずに借りることも出来るので、知人に知られてしまう心配もありません。

もし不測の事態が起きて計画通りに返せなくなったら、早めに窓口に相談して再度返済計画を立てましょう。

しっかりとした大手の企業でキャッシングをする場合は怖い取り立てなどはありませんから、安心して利用することができます。

急な出費で困った時、計画的に利用して楽しい毎日を過ごしてみましょう。

キャッシングの利息というのは考え方が

キャッシングというのは、利息をしっかりと計算しておくことが重要になります。言うまでもありませんがこれが金利になります。
金利を少しでも抑えることによって利息が少なくなります。利息ですがこれは金利から導かれることになりますが金利は年利であることが多いです。
では、どうするのか、といいますと365で割ります。これが基本的なことになります。

つまりは、日割計算になります。ちなみに借りた日はどうなるのか、といいますとこれもカウントされます。
1日だけであろうとその日に返そうと利息は支払うことになりますから、これは覚えておくと良いでしょう。
キャッシグサービスはいつでも使えるようにしておくとよいでしょう。
但し、1日でも利息は発生します。

キャッシングは主婦でも可能!一定の収入が配偶者にあれば良い。

“主婦の方の多くは、家計を管理されている場合があります。そこで問題となるのが突発的な現金出費が生じた時です。
特に土日や夜間などにどうしても現金が必要な際は、銀行口座に預金があっても手数料を気にしてしまいます。

実は、短期間の借り入れであれば銀行の手数料よりもカードローンの利息の方が低いことがあります。
これは、生活費節約を心掛ける主婦にとっては、非常に魅力を感じますがカードローンとなると一定の収入がなければ契約出来ないと考え躊躇します。

しかし、配偶者に一定の収入がある場合は主婦でもカードローンの契約が可能となっています。
ただし、ある程度の貯蓄があることも重要な要素であり、短期間で返済するということが非常に重要です。
例えば、時間外の銀行ATMで手数料が108円もとられる場合よりもカードローンで借り入れして翌日に返済する方が圧倒的に利息は低くなり、30円前後で済みます。”