ホーム » 2017 » 10月

月別アーカイブ: 10月 2017

1万円必要な時どこから借りたらいい?

どうしても1万円必要なら、ご家族や友人に頭を下げて貸してもらいましょう。

身近な人に借りたら、利息を取られることが少ないからです。

しかしこれまでに何度も借りていたら、いい加減な人間だと判断されて断られるかもしれません。

また誰もがお金の貸し借りできるような親密な人間がいるわけではありません。

そのような方は、カードローンを契約した方が気が楽です。

1万円を借りるなら、大手消費者金融がオススメです。

最大30日間の無利息サービスがあるので、1万円程度なら次の給料で一括返済すれば利息はかかりません。

2度目以降は1万円を1ヶ月借りた時の利息は、たったの148円です。

年18%の金利も少額の借り入れなら問題ありません。

親しい人間に頭を下げてお金を借りるより、機械的な手続きで借りられるカードローンの方が借りやすいです。

キャッシングの際の申し込みに必要な書類と条件に付いて

お金が必要になった時には多くの人がキャッシングを利用すると思いますが、キャッシングには申し込みが必ず必要になります。
キャッシングを受けられる人は、年齢制限として20歳から69歳の本人に安定した収入のある場合です。主婦や学生でもアルバイトなど安定した収入のある人は借りる事が出来る可能性があります。

キャッシングを申込みする場合は、本人確認書類が必要となりますが、印鑑や保証人は必要ないのが特徴と言えます。本人確認書類は、運転免許証やパスポートがベターです。
キャッシングの際の借入希望金額は高い場合には、収入証明が必要になる可能性もあるので、事前に必要書類を準備しておく事がスムーズにキャッシングできる方法と言えます。

キャッシングの利息って必ずや高いのか

キャッシュに困った一時などに手軽で便利なキャッシングですが、ときどき、心無い人たちの反論を耳にすることがあります。それは簡単に言うと、「キャッシングって利率が良いからお断りよね」などという意味の否定的な謳い文句だ。
確かにキャッシングには利率は付きものです。しかし、それは果たしてはなはだ高いのでしょうか。そもそも大きいか少ないかを形づくるのは、者なのではないでしょうか。自分が納得してキャッシングを用いるのですから、せめて他人からなんだかんだ仰る筋合いはありません。
キャッシングやカード融資に限らず、いかなる商品にもコストパフォーマンスがあります。そのタイプやサービスを利用することによって高い効能が得られるなら、利用する価値はあるということです。キャッシングのコストパフォーマンスとは、「利率の決断気がかりに合うだけの確かな効果があるかどうにか」ということです。者はあれこれ、基本的に効果があると判断するからこそ、キャッシングを用いるわけです。
総括をいうなら、キャッシングの利率は者にとっては決して高いとは言えません。もし心から大きいと感じているなら、利用しないはずです。おっきいと言って騒いでいるのは、者ではなくて、かえって利用しないみなさんなのではないでしょうか。

東京スター銀行のおまとめローンの2つのメリット

東京スター銀行は通常のカードローンより複数の業者からの借り入れを一つにまとめるおまとめローンが有名です。それでおまとめローンを利用する事を目的で東京スター銀行にキャッシングの申し込む人が多いですが、どのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・追加借入が可能

おまとめローンは返済専用のカードローンなので追加借入をする事は基本的に出来ません。しかし東京スター銀行のおまとめローンは追加借入をする事が可能です。追加借入をしなければいけなくなる事もあるのでメリットに感じる人も多いです。

・限度額が高い

銀行のおまとめローンは限度額が最大で800万円程度になっている事が多いですが、東京スター銀行のおまとめローンは限度額が最大で1000万円になっています。限度額が高く設定されているのもメリットになります。