ホーム » 審査 » 銀行カードローンには保証契約が必須です

銀行カードローンには保証契約が必須です

カードローンの借入先として銀行を選べぱ、消費者金融よりも低金利な融資を受けられます。総量規制対象外ですから、審査次第では年収の1/3を超える融資額を得ることも可能であって、一度銀行カードローンを利用すれば、継続して利用したくなるでしょう。

銀行カードローンの特徴として、指定した保証会社との保証契約を条件としてカードローン契約が行われます。保証会社には、銀行傘下の信販会社または消費者金融が指名されることが多く、傘下ではなくとも提携関係にある信販会社が指名されることもあります。

銀行は、有担保ローンの貸付実績ならば豊富ですが、無担保ローンの即日審査には慣れていませんでした。そこで、消費者金融に近いスピードの審査を行なうために、信販会社や消費者金融を保証会社とすることにより、保証会社の無担保ローンノウハウを活用することにしたわけです。

保証会社としては総量規制により貸付額に制限が出ている状況を打開するため、銀行カードローンの保証会社として参加して融資額を実質的に伸ばす方策に出ています。銀行にとっては、信販会社や消費者金融の無担保ローン審査ノウハウを利用出来るだけでなく、延滞発生時に代位弁済請求を行なうことで、銀行が損をしない仕組みを確率出来ています。