ホーム » キャッシング » 消費者金融と銀行関連の借入は拮抗しているレベル

消費者金融と銀行関連の借入は拮抗しているレベル

消費者金融と銀行などの借入の額というのは基本的に拮抗している状況であるといえます。

平成27年度の借入額の調査では消費者金融が貸し付けている残高はおおよそ6兆円であるのですが、

銀行のカードローンなどといった個人向けの貸付残高はおおよそ5兆円、信用金庫が同様の貸付を行っている分については6000億円弱といったところでありますので、

正h氏や金融が若干大目という感じになってはいますが、おおよそバランスよく取れているようになっているのであります。

バランスよく顧客の状況に応じて両者がバランスよく管理が出来ているというような状況であり、

用途や俗世などによってしっかりとしたお互いにすみわけが出来ているというわけなのです。