ホーム » 審査 » アルバイトだからキャッシング審査に落とされる?その原因とは

アルバイトだからキャッシング審査に落とされる?その原因とは

一般的に正社員ではなくアルバイトだとキャッシング審査が不利になるとされています。なのでアルバイトしている方の中には最初からキャッシングできないと考える方が多いのですが、実際にはアルバイトだからと言ってキャッシング審査が不利になることはありません。

そもそもキャッシングと言う物は成人していて安定した収入を得ている方なら誰でも利用できるようになっています。なので、正社員であろがパート主婦であろうがアルバイトであろうが原則としてキャッシングは可能になります。

ただ、ここで問題になるのが安定した収入が継続できるのかどうかになります。通常キャッシング審査に落とされるケースと言うのは大きく分けて二つになります。一つは総量規制に引っかかっている場合で、もう一つは本人の返済能力に問題ありと判断された場合になります。

そしてアルバイトの場合は本人の返済能力に問題があると見なされるケースがあり、特にバイト先を転々と変えている時にはほぼ審査は通過できなくなっています。なので同じ職場で長期間アルバイトしている方は返済能力に問題はないと判断される事が多くなり、キャッシング審査も通過できる可能性は普通の会社員と同じ様に高くなると言えます。