消費者金融キャッシングの比較

消費者金融会社のキャッシングと一口に言っても、それぞれに特徴があります。

まず、最も重要な金利面、これはほとんど同じです。若干の違いはありますが基本同じレベルです。
唯一、総量規制対象外のおまとめローンでアイフルが低金利サービスを出していますが、アイフル利用客限定のサービスとなります。

次に審査、お試し審査は入力項目数に違いがあるだけです。
また、プロミスとレイクの2社が自動審査方式を採用しており、申込が完了した段階で契約可否と概算の利用限度額を表示します。

web申込で契約が完了するのが当たり前になっていますが、振込サービスについては24時間365日振込に対応しているところと非対応で分かれます。

最近人気の無利息サービスを提供しているのは、プロミス、レイク、ノーローンとなり、各社それぞれ異なるサービスを提供中です。
プロミスとレイクが初めての利用者限定なのに対し、ノーローンは何度でもOKと魅力的なサービスです。

また、これも評判となっていますが、在籍確認のための会社への電話連絡をなくしているのがモビットです。
その代わり、在籍確認を証明する書類が必要になりますが、これまで在籍確認がネックで利用を躊躇していた顧客層には大きくアピールしています。

以上のような細かい違いがありますので、利用用途に合わせて選択することが重要です。

無人契約機ガイド※即日キャッシングも可能.
http://smartconcier.info/

アルバイトでキャッシングする場合はどうなるの?

銀行や消費者金融でのキャッシングは、安定した収入がある事が必須条件のひとつとなりますが、正社員ではなくアルバイトの場合はどうなるのでしょうか。

多くの場合、正社員ではなくアルバイトでも収入がある事には変わりありませんので、基本的に銀行系でも金融系でもキャッシングが可能と宣伝しています。

ただし、アルバイトをしている事がキャッシング審査に通る保証にはなりませんから、その点は勘違いしないようにしましょう。

アルバイトで得る収入や勤続年数などによって審査の判断は異なりますし、キャッシング可能な融資金額にも影響が出ます。

審査にはアルバイトで得る収入がなるべく多く、またひとつの勤務先で長く働いている方が有利に働く事を覚えておくと良いでしょう。

大抵の場合、他に審査に落とされるようなポイントがなければ、アルバイトだからという理由で審査に落とされる事はあまりないと言ってもいいかもしれません。

ただし、やはり収入によっては正社員よりも融資可能な限度額が低くなってしまいます。

特に、消費者金融系のキャッシングでは重量規制という法律があります。

これは、年収の3分の1を超えての借入れは出来ないことになっていますから、思ったような金額を借りることが出来ない場合もあります。

そうした事に注意すれば、アルバイトであってもキャッシングは何も怖くはありません。

借り換えを利用し、完済しましょう。

お金がないときにキャシングをしていました。
最初は1万円、2万円と少額に留まっていましたが、段々と金額が大きくなり、5万円、10万円となっていきました。

返済も、少額のうちは一括払いで返済をしていましたが金額が大きくなってくると、
分割払いに切り替え、それが溜まりに溜まって、最後は毎月3万円の返済で50回以上の返済になっていました。

当然、生活も苦しくなり、非常に重荷になっていました。

そんな時でした。R社の借り換えキャンペーンの広告を見たのは。

ランキングに応じて返済金利が決まるもので、そのときは丁度、金利半分キャンペーンの実施中でした。

とりあえず、審査の申し込み。次に日には電話連絡があり、「職場に本人確認のために連絡をいたします」とのこと。
次の日に職場に連絡があり、本人確認は終了。後日、免許証のコピーを送信し、手続きは完了しました。

手続きが終了し、すぐに借りられることに。

すでにキャッシングの返済総額は150万円超え。思い切って一気に返済総額を借り、返済しました。

そのときの金利ですが、もともとキャッシングをしていた時の金利は15%超え。
そして借り換えをした時の金利は6%でした。

これは返済総額がだいぶ違います。

今は毎月の返済も楽になり、完済にむけ頑張っています。